【必須】ブログで稼ぎたい人は登録してるASPサービス

BackWPup エラー「ジョブ が開始されましたが、10秒間応答しません。インフォメーションを確認してください。」

BackWPupエラーの対処法

BackWPupのエラーメッセージ
ジョブ”◯◯◯”が開始されましたが、10秒間応答しません。
インフォメーションを確認してください。

WordPressのプラグイン「BackWPup」でサイトをバックアップした際に、このようなエラーが出た場合の「解決策」をお伝えします。

①エラーメッセージの確認

BackWPupのエラーメッセージ

まずは、エラーメッセージの文中にある「インフォメーション」のリンクをクリックして、詳細を確認します。

 

②ステータスコードの確認

BackWPupのエラーメッセージの詳細

詳細情報に、「期待された HTTP レスポンスではありません:ステータスコード: 401というのがあります。

MEMO
401というのは、「アクセス権がない、または認証に失敗しました」という意味です。

 

③原因究明

おそらく、バックアップしたサイトには「Basic認証」がかかっているのではないでしょうか?

未公開のサイトやテスト環境でサイトを構築している場合、Basic認証をかけることによって外部からのアクセスを制限することはよくあります。

 

④解決策

そんなこと言われてもサイトを公開するわけにはいかないですよね?
でも安心してください!

「BackWPup」は、Basic認証のかかったサイトもバックアップできるオプションが用意されています。 (もちろん無料です)

  1. WordPressの管理画面にログイン
  2. サイドメニューより「BackWPup」 「設定画面」「ネットワーク」タブを開く
  3. 下記画像の赤枠で囲った部分を入力
  4. 画面下の「変更を保存」ボタンを押すと設定完了
BackWPupのエラーの対処法(ベーシック認証)

 

これでBasic認証のかかったサイトでもバックアップを取ることができるようになりました。
「BackWPup」は無料のプラグインながら、良くできていますね!

「Basic認証が原因でバックアップができない場合の解決策」をお伝えしました。

今回は以上です。

BackWPup(バックアップの方法) 《初心者向け》BackWPupでWordPressをバックアップ!設定方法や使い方を丁寧に解説 BackWPup(バックアップの復元方法) 《初心者向け》BackWPupの復元方法を画像たっぷりで解説