エックスサーバー 「ドメイン無料」キャンペーン実施中

《初心者向け》BackWPupでWordPressをバックアップ!設定方法や使い方を丁寧に解説

BackWPup(バックアップの方法)

はじめに

WordPress(ワードプレス)を使ってWebサイトを運営しているならデータのバックアップは必須です。

個人的には契約サーバーの自動バックアップシステムで十分と考えているのですが、サーバー障害によるデータの消失というリスクが無いわけではありません。

そこで今回は、WordPressのバックアッププラグインとして国内で知名度の高いBackWPup の使い方をご紹介します。

 

「BackWPup」のできること

「BackWPup」は、WordPressのサイトを丸ごとバックアップできるため、サイトを移転する際にも重宝します。

バックアップ形式も、今すぐバックアップできる「手動バックアップ」に加え、スケジュールを自由にセッティングして定期的にバックアップできる「自動バックアップ」も可能です。

また、バックアップ先としてたくさんの選択肢が用意されています。

以上のことから、WordPressのバックアップに関しては「BackWPup」プラグインで十分事足りることが分かると思います。

 

インストール手順

【BackWPup】01:プラグインのインストール
WordPress管理画面の[プラグイン][新規追加]から「BackWPup」と検索しましょう。

「BackWPup」の「今すぐインストール」をクリックしてインストールしてください。

インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックし、「BackWPup」を使える状態にしておく

【BackWPup】02:プラグインの有効化

 

ジョブの新規作成

【BackWPup】03:新規ジョブの追加
「BackWPup」のプラグインを有効化すると、サイドメニューに「BackWPup」が追加されます。
サイドメニューの「BackWPup」をマウスオーバーし、「新規ジョブを追加」をクリック
ジョブとは、バックアップの設定のことです。
バックアップの設定は複数つくれます。例えば、定期的なバックアップと手動バックアップなど。
それぞれのバックアップの設定を「ジョブ」と呼びます。

 

「一般タブ」

【BackWPup】04:一般設定

ジョブ名

今から設定するバックアップの名称を入力してください。後から変更可能です。
(例)手動バックアップ、舞月1回バックアップ等

【BackWPup】05:一般設定のジョブ名

ジョブタスク

【BackWPup】06:一般設定のジョブタスク

WordPress の XML エクスポートは、データベースのバックアップと同じ事ですが、万が一それがうまく取れていなかったときの保険です。

アーカイブ名

【BackWPup】07:一般設定のアーカイブ名
バックアップデータのファイル名をしていできます。
デフォルトのままでOK

アーカイブ形式

【BackWPup】08:一般_アーカイブ形式
「Tar GZip」を選択してください。
バックアップデータが大きいと「Zip形式」の場合は、バックアップデータ不足などのエラーが発生することがあるため、必ず「Tar GZip」を選択してください。

バックアップファイルの保存方法

【BackWPup】09:一般設定のバックアップファイルの保存方法
「フォルダーへバックアップ」を選択してください。
【BackWPup】10:一般_バックアップデータの保存場所
バックアップの保存先は「wp-content/uploads/backwpu-xxx-backups」の中に「アーカイブ名」で指定したファイル名で保存されるようになります。

ログファイル

【BackWPup】11:一般設定の_ログファイル
送信先メールアドレス:自分のメールアドレスを設定
メールの送信元:自分のメールアドレスを設定
エラー:選択する

バックアップのたびにメールが届くのはちょっと、、と言う方は、「エラー」にチェックを入れておくことで、ジョブの実行中にエラーが発生した場合のみメールでお知らせが来るように設定できます。

変更を保存

【BackWPup】12:一般設定の保存
設定を保存するため、ページの1番下の「変更を保存」をクリック

 

バックアップの基本設定は完了

【BackWPup】13:タブ
以上で、バックアップの基本設定は完了です。
「一般」以外のタブでは詳細な設定が可能ですが、デフォルトのままでOKです。

もし、カスタマイズしたい方は下記を読み進めて下さい。
デフォルト設定で問題ない方は、次のステップへお進み下さい。

 

<変更不要> 「DBバックアップ」タブ

【BackWPup】14:DBバックアップのタブ
バックアップするデータベースに対する詳細設定です。
デフォルト設定でOK(変更不要)

 

<変更不要> 「ファイル」タブ

【BackWPup】15:ファイルタブバックアップするフォルダに対する詳細設定です。
デフォルト設定でOK(変更不要)

 

<変更不要> 「XMLエクスポート」タブ

【BackWPup】16:XMLエクスポートタブバックアップデータとして、WordPressの全て記事テキストデータの出力する際の詳細設定です。
デフォルト設定でOK(変更不要)

 

<変更不要> 「プラグイン」タブ

【BackWPup】17:プラグインタブバックアップにプラグイン一覧を含める際の詳細設定です。
デフォルト設定でOK(変更不要)

 

<変更不要> 「宛先」タブ

【BackWPup】18:宛先タブバックアップデータの保存先と保存しておくバックアップ数を指定できます。

自動バックアップで定期的にバックアップを取る場合、保存するバックアップの数の上限を決めておかないと、バックアップデータだけで、サーバー容量を圧迫しかねないため、設定が必要です。

デフォルト設定でOK(変更不要)

 

「スケジュール」タブ

【BackWPup】19:スケジュールタブバックアップを「手動」でとるか、「自動」でとるかを設定する画面です。

「自動バックアップ」の設定方法

【BackWPup】20:スケジュール設定_ 自動1

「ジョブの開始方法」を設定

「スケジュール」タブを開き、「ジョブの開始方法」で「WordPressのcron」を選択。

スケジューラーの設定

【BackWPup】21:スケジュール設定_自動2_基本バックアップを取る間隔を「毎月」、「毎週」、「毎日」、「毎時」から選択できます。
画像の設定の場合、「毎週」「日曜日」「3時」「0分」にバックアップを取るという設定になります。

【BackWPup】22:スケジュール設定_自動3_高度「スケジューラーの選択」で、「応用」を選ぶと、さらに細かい設定が可能です。

設定できれば、「変更を保存」ボタンをクリックする。

「手動バックアップ」の設定方法

【BackWPup】23:スケジュール設定_ 手動スケジュール」タブを開き、「ジョブの開始方法」で「手動」を選択し、「変更を保存」ボタンをクリックする。

 

バックアップの実行

【BackWPup】24:ジョブ
サイドメニューの「BackWPup」> 「ジョブ」を選択すると、「ジョブ」の一覧が表示されます。

【BackWPup】25:ジョブの一覧ジョブ名にマウスカーソルをあわせ、「今すぐ実行」をクリック

 

【BackWPup】26:ジョブの実行(ローディング)バックアップが始まり、しばらく待つとジョブ完了と表示されます。

 

バックアップデータのダウンロード

【BackWPup】27:バックアップデータのアーカイブ

バックアップのデータは、サイドメニューの「BackWPup」> 「バックアップ」をクリックすると、一覧画面が表示されます。

「ファイル名」にマウスカーソルをもってくると、「ダウンロード」リンクが表示され、クリックするとバックアップデータをダウンロードすることができます。

一覧の上部と下部のセレクトボックスをクリックすると、ジョブで絞り込み表示も可能です。

【BackWPup】28:バックアップデータのダウンロード

今回は以上です。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

BackWPup(バックアップの復元方法) 《初心者向け》BackWPupの復元方法を画像たっぷりで解説 BackWPupエラーの対処法 BackWPup エラー「ジョブ が開始されましたが、10秒間応答しません。インフォメーションを確認してください。」