【必須】ブログで稼ぎたい人は登録してるASPサービス

【完全理解】ドメインとサーバーの紐づけ方法(エックスサーバー と お名前.com)

ドメインとサーバーが決まれば、WordPressをインストールしてブログを書くのが大まかな流れですが、見落としがちなのが「ドメインとサーバーの紐付け」です。

覆面先生

私も初めて自分のWebサイトを開設したときは、ドメインとサーバーの紐付けなんて意味がわからず途方にくれた記憶があります。

でも、ここをクリアしないと、いつまで経ってもブログは書けません!

この記事では、インターネットに詳しくない方でも記事を読み進めていくことで「サーバーとドメインの紐付け」ができるように「最新の画面キャプチャ」を使い、細かいところも「省略せずに説明」するので、誰でも絶対にできます!

ドメインとサーバーの紐付けが終われば、ブログ完成まであと少しなので、頑張りましょう!

こんな人におすすめの記事
  • ドメインもサーバーも契約したけど、次に何をすればいいか分からない
  • 最新の手順でサクサク進めたい(考えたりつまづきたくない)
  • 初心者向けに専門用語なしで、省略せずに説明してほしい

 

ドメインとサーバーの紐付けが必要な理由

ドメインとサーバーの関係

ドメインとサーバーは、「住所」と「土地」に例えると分かりやすいです。

ドメインとサーバー
  • ドメインは、
    Webサイトがどこにあるのか判別するための「住所」
  • サーバーは、
    Webサイトのデータの置いておく「土地」

住所やドメインが無いと不便

私たちの家も土地だけあって住所が無れば、「緯度と経度」を使って場所を伝えることなります。

不便ですよねー?

インターネットの世界も同じで、サーバーを識別する「IPアドレス」といって「000.00.00.00」のような数字で構成される文字列があります。

Webやブログを見に行くのにIPアドレスをいちいち打ち込んでいられないし、覚えていられませんよね?

そこで、私たちの生活の住所にあたる「ドメイン」の登場です。

住所やドメインがあると便利

ドメインとサーバーが紐づいていれば、サーバーのIPアドレスを覚える必要はありません。

住所を覚えておけば、土地の緯度と経度を覚える必要が無いのと同じですね。

 

まとめ私たちの生活で「緯度・経度」の代わりに「住所」があるのと同じ様に、インターネットの世界もサーバーの「IPアドレス」の代わりに「ドメイン(◯◯◯.com)」があるのです。

住所は、土地を購入したら自動的に決まっているものですが、インターネットの世界は土地(サーバー)と住所(ドメイン)を手動で紐づけてあげないといけません。

これが「ドメインとサーバーを紐付ける」という設定になります。

ドメインとサーバーの紐付けは反映に時間がかかる

厄介なことに、ドメインとサーバーの紐付けを設定しても、電気のスイッチを切り替えるようにパチン!とすぐには反映してくれません。

安定稼働には約3日かかると思っておいて下さい。

即日で完了する場合もありますが、多くの場合は不安定で繋がったり切れたりを繰り返します。安定して正常動作するには最低でも3日はみておきましょう。

ドメインとサーバーの紐付け(サーバー側の設定)


ここでは、エックスサーバーを例に説明します。

手順①
サーバーパネル
サーバーパネル

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン

サーバーパネルのログインはこちら

 
手順②
サーバーパネルのメニュー

サーバーパネルのメニューより「ドメイン設定」をクリック

手順③
ドメイン設定画面(入力)

ドメイン設定画面の「ドメイン設定追加」タブを開き、取得したドメインを入力後、「確認画面へ進む」ボタンをクリック

手順④
ドメイン設定画面(確認)

内容を確認し、「追加する」ボタンをクリック

手順⑤
ドメイン設定画面(完了)

設定内容が表示され、ドメインの設定が完了します。

覆面先生

サーバー側の設定は「ドメインの設定」のみです。
次は、ドメインを取得した会社で設定を行います。

ドメインとサーバーの紐付け(ドメイン側の設定)


ここでは、お名前.com を例に説明します。

手順①
お名前.com

お名前.com にアクセスし、右上の「お名前.com Navi ログイン」ボタンをクリック

手順②
お名前.com Navi

お名前.com Naviにログインする

手順③
ドメイン設定

お名前.com Naviにログインしたら、画面上部のナビゲーションの「ドメイン設定」をクリック

手順④
ドメイン設定のメニュー

ドメイン設定のメニューの中から「ネームサーバーの変更」をクリック

手順⑤
ネームサーバーの設定
  1. 「ドメイン名」は、サーバーと紐付けるドメインのリンクをクリック
  2. 「他のネームサーバーを利用」タブを選択
  3. 「ネームサーバー情報を入力」で、1〜5まで全て入力
  4. 「確認画面へ進む」ボタンをクリック
エックスサーバーのネームサーバー情報
【ネームサーバー1】 ns1.xserver.jp
【ネームサーバー2】 ns2.xserver.jp
【ネームサーバー3】 ns3.xserver.jp
【ネームサーバー4】 ns4.xserver.jp
【ネームサーバー5】 ns5.xserver.jp

エックスサーバーのネームサーバーは、こちらで公開されています。

エックスサーバーなら全員この設定でいいので、上記の通り設定して下さい

手順⑥
設定中

設定中の画面です。このまま待ちましょう!

手順⑦
ネームサーバーの変更完了

ネームサーバーの設定の完了画面が出たら終了です。

覆面先生

これで、ドメインとサーバーの紐付けの設定は終わりです!
本当にお疲れ様でした!

ドメインとサーバーの紐付けの反映を早める方法


こればっかりは待つしかありません。

冒頭の章でお話した様に、「反映には数日かかる」場合もあります。すぐにできる場合もありますが、繋がったり繋がらなかったり不安定な状態が続く場合もあり、安定稼働するまでは最低でも3日程度見ておく必要があります。

待っている間、次のステップを予習しておきましょう!

今回は以上です。ありがとうございました。