Macユーザーなら必須の神ソフトがこちら

Macの重複写真を削除する2つの方法「Tenorshare Duplicate File Deleter」【PR】

Tenorshare Duplicate File Deleter

覆面先生

ご訪問ありがとうございます。
覆面先生 FukumenSensei)です。

株式会社Tenorshare様よりMacの重複写真を削除するソフトウェア Tenorshare Duplicate File Deleter のライセンスをご提供いただきましたのでレビューしていきたいと思います。

重複写真を削除するべき理由

重複写真を削除するべき理由
Macの動作が遅くなってしまう原因は様々ですが、その多くは「ストレージの空き容量不足」です。

長年Macを使っていると、写真データもたくさん溜まっている人も多いと思います。
特にお仕事でフォトグラファーやデザイナーをされている方は膨大な写真データがMacの中に存在するのではないでしょうか?

その1つ1つが必要な写真データであれば良いのですが写真が重複している場合は、不要なデータがストレージを圧迫し、Macの動作を鈍らせる原因になってしまいます。

Macで重複写真が発生する原因

重複データができる原因

4つのポイント
  • 同じ写真を何度もダウンロードしたり、コピーしたりする
  • 一時的なバックアップを取り、そのまま放置している
  • 写真加工の際にフォーマットやサイズ違いのものが複数できる
  • メールやSlackへの添付によって自動で写真が複製されている

このように「自分の意図していない」ところでもMacで重複写真は発生してしまうのがポイントです。

Macの重複写真を削除する2つの方法

Tenorshare Duplicate File Deleterで削除

一瞬でMacの重複写真を削除するベストソフトと言われているTenorshare社の重複ファイル削除ツール「Tenorshare Duplicate File Deleter」を使う方法をご紹介します。

4つの特徴
  • 100%の精度で重複ファイルを検索できる
  • Windows も Mac も両方対応
  • ファイルをプレビューで確認できる
  • 無料で15個のファイルを削除できる

フリーのアプリと違い Tenorshare Duplicate File Deleter は、重複ファイルの検出精度が非常に高いのが特徴です。

検出したファイルはプレビュー表示されるため視覚的にも分かりやすく、ファイルパスも確認できるので誤って削除してしまうリスクもありません。

Mac も Windows も両方対応しているので、
気になった方は、15ファイル削除できる無料体験版 を試してみてください。

操作手順(実際に使ってみました!)

STEP.1
公式サイトからダウンロード
Tenorshare Duplicate File Deleter(重複写真削除ソフト)の操作手順1
Tenorshare Duplicate File Deleter(Mac)を公式サイトからダウンロードし、インストールします。
STEP.2
重複データをスキャンするフォルダを選択
Tenorshare Duplicate File Deleter(重複写真削除ソフト)の操作手順2
Tenorshare Duplicate File Deleterを起動すると上記のような画面が表示されます。
中央のボタンをクリックすると重複データをスキャンしたい場所(フォルダ)の選択ができます。
STEP.3
重複ファイルのスキャン実行
Tenorshare Duplicate File Deleter(重複写真削除ソフト)の操作手順3
スキャン先を選択したら「重複アイテムをスキャン」をクリックします。
STEP.4
スキャン結果
Tenorshare Duplicate File Deleter(重複写真削除ソフト)の操作手順4
スキャン後、重複ファイルが上記の画像のように「あらゆるファイル」「画像」「その他」「書類」「動画」「オーディオ」に分類されて一覧表示されます。

ファイルごとに「プレビュー」が表示され、ファイルの「パス」も表示されるため、削除して問題ないデータか判断するのに便利です。

削除する重複ファイルを選択し、右下にある「削除」ボタンをクリックします。

STEP.5
重複ファイルの削除完了
Tenorshare Duplicate File Deleter(重複写真削除ソフト)の操作手順5
上記の画像が表示されたら重複ファイルの削除完了です。
重複データが無い場合
Tenorshare Duplicate File Deleter(重複写真削除ソフト)の操作手順6
スキャンして、この画面が出たら重複データがないということです。

Macの標準機能で削除

重複データの削除は、Macの標準機能を利用して手動で削除する方法もあります。

STEP.1
新規スマートフォルダを開く
Mac標準機能で重複データを探す
「ファイル」の「新規スマートフォルダ」をクリックします。
STEP.2
フィルタの表示
Mac標準機能で重複データを探す
+のボタンをクリックすると、2つのドロップダウンメニューが表示されます。
STEP.3
重複チェック対象の指定
Mac標準機能で重複データを探す
2つのドロップダウンメニューから重複チェックしたいデータの検索条件を指定します。
STEP.4
重複削除
Mac標準機能で重複データを探す
検索結果が一覧表示されるので、並び順を「名前」にして同じ名前で同じサイズのファイルを開いて重複データかどうかを確認していき、重複していたら削除します。

このように、ソフトやアプリに頼らなくてもMacの標準機能を活用して重複ファイルを削除することができますが、作業が面倒で人的ミスも起こりそうです。

覆面先生

Macの標準機能で重複データを定期的に削除するのは、あまり現実的ではない方法ですね..

【まとめ】 Tenorshare Duplicate File Deleterを使ってみた感想

本記事では、Macの重複写真を削除する2つ方法をご紹介しました。

手動では手間のかかる重複削除の作業も、「Tenorshare Duplicate File Deleter」を使うと一瞬で一括削除できました。ソフトの使い方もシンプルで、あまりMacの操作に慣れていない人でも迷うこともなく使えると思います。

試用する前は「重複データなんて、きっと少ししか無いよ」と思っていたのですが、予想を遥かに超える重複データが検出されて「Tenorshare Duplicate File Deleter」の精度の高さに驚かされました。

重複データは本人の知らないうちに増えているということを痛感し、月に1度のペースで定期的に重複データのメンテナンスをしたいと感じています。

これを読んでいるあなたも、Tenorshare Duplicate File Deleter(無料体験版あり) を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、Tenorshare社の 4DDiG Macデータ復元 を使えば、誤って削除してしまった場合でもデータを復元することができます。
こちらの記事も合わせて読んでいただければ幸いです。

覆面先生

今回は、以上になります。
最後までありがとうございました!
覆面先生 FukumenSensei)より