Macユーザーなら必須の神ソフトがこちら

ドメインとサーバーを紐付ける設定方法(エックスサーバー と お名前.com)

ドメインとサーバーの紐付けの手順(お名前.comとエックスサーバー編)

覆面先生

ご訪問ありがとうございます。
覆面先生 FukumenSensei)です。

ドメインとサーバーを契約したら、次は「ドメインとサーバーの紐付け」が必要です。この設定をしないと、いつまで経ってもWebは表示できません。

この記事の手順どおりにステップを踏めば必ず設定できますので、安心してください。

こんな人におすすめ
  • ドメインとサーバーの紐付け方が分からない
  • 初心者向けに丁寧に設定方法を教えて欲しい
  • 紐付けの反映時間を早める方法を知りたい
この記事の信頼性
Web業界で10年以上のキャリアをもつ現役デザイナーの私が今までの経験をもとに執筆しています。

この記事では、「お名前.com」と「エックスサーバー」の紐付けを例に説明して参ります。

ドメインとサーバーの紐付けが必要な理由

ドメインとサーバーは、「住所」と「土地」に例えると分かりやすいです。

ドメインとサーバー
  • ドメインは、
    Webサイトがどこにあるのか判別するための「住所」
  • サーバーは、
    Webサイトのデータの置いておく「土地」

–>「住所」の無い世界とある世界

住所があるので人が尋ねたり、郵便物が届きます。
もし土地に「住所」が無いと、「緯度と経度」で場所を伝えることなります。

ドメインとサーバーの紐付け方法

これって、かなり不便ですよね?

「緯度や経度」と「住所」が紐づいているおかげで、私たちは識別しやすい文字列(住所)で場所を特定することができています。

ドメインとサーバーの紐付け方法

これなら分かりやすいですね!
便利な世界です。

–>「ドメイン」の無い世界とある世界

ドメインも住所と同様です。

もしサーバーを識別するための「ドメイン」が無いと、長い数字の羅列で構成された「IPアドレス」でWebサイトの場所を伝えることなります。

ドメインとサーバーの紐付け方法

これって、かなり不便ですよね?

「IPアドレス」と「ドメイン」と紐づけることで、私たちが識別しやすい文字列でWebサイトにアクセスすることができます。

ドメインとサーバーの紐付け方法

これなら分かりやすいですね!

サーバーと ドメインの紐付けが必要なことが理解できたと思います。

ただ、このIPアドレス(サーバー)とドメインの紐付けは、住所と違って購入者が自分で設定する必要があります。

–>ドメインとサーバーの紐付け方法

–>サーバー側の設定方法

ここでは、「エックスサーバー」を例に説明します。

手順①
サーバーパネル
エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン

サーバーパネルのログインはこちら

 

手順②
サーバーパネルのメニュー
サーバーパネルのメニュー

サーバーパネルのメニューより「ドメイン設定」をクリック

手順③
ドメイン設定画面(入力)
ドメイン設定画面(入力)

ドメイン設定画面の「ドメイン設定追加」タブを開き、取得したドメインを入力後、「確認画面へ進む」ボタンをクリック

手順④
ドメイン設定画面(確認)
ドメイン設定画面(確認)

内容を確認し、「追加する」ボタンをクリック

手順⑤
ドメイン設定画面(完了)
ドメイン設定画面(完了)

設定内容が表示され、ドメインの設定が完了します。

覆面先生

サーバー側の設定は「ドメインの設定」のみです。
次は、ドメインを取得した会社で設定を行います。

–>ドメイン側の設定方法

ここでは、「お名前.com」を例に説明します。

手順①
お名前.com
お名前.com Navi

お名前.com にアクセスし、右上の「お名前.com Navi ログイン」ボタンをクリック

手順②
お名前.com Navi
お名前.com Naviにログインする

お名前.com Naviにログインする

手順③
ドメイン設定
ドメイン設定

お名前.com Naviにログインしたら、画面上部のナビゲーションの「ドメイン設定」をクリック

手順④
ドメイン設定のメニュー
ドメイン設定のメニュー

ドメイン設定のメニューの中から「ネームサーバーの変更」をクリック

手順⑤
ネームサーバーの設定
ネームサーバーの設定
  1. 「ドメイン名」は、サーバーと紐付けるドメインのリンクをクリック
  2. 「他のネームサーバーを利用」タブを選択
  3. 「ネームサーバー情報を入力」で、1〜5まで全て入力
  4. 「確認画面へ進む」ボタンをクリック
エックスサーバーのネームサーバー情報
【ネームサーバー1】 ns1.xserver.jp
【ネームサーバー2】 ns2.xserver.jp
【ネームサーバー3】 ns3.xserver.jp
【ネームサーバー4】 ns4.xserver.jp
【ネームサーバー5】 ns5.xserver.jp

エックスサーバーのネームサーバーは、こちらで公開されています。

エックスサーバーなら全員この設定でいいので、上記の通り設定して下さい

手順⑥
設定中
設定中の画面

設定中の画面です。このまま待ちましょう!

手順⑦
ネームサーバーの変更完了
ネームサーバーの設定完了

ネームサーバーの設定の完了画面が出たら終了です。

覆面先生

これで、ドメインとサーバーの紐付けの設定は完了です。
本当にお疲れ様でした!

–>ドメインとサーバーの紐付けの反映を早める方法

ドメインとサーバーの紐付けの反映を早める方法

ドメインとサーバーの紐付けを設定しても、電気のスイッチを切り替えるようにパチン!とすぐには反映してくれません。

紐付け設定の反映は、待つしかないのです。

すぐにできる場合もありますが、繋がったり繋がらなかったり不安定な状態が続き、安定稼働するまでは最低でも3日〜1週間は見ておく必要があります。

–>まとめ

本記事では、ドメインとサーバーの紐付けがなぜ必要なのかをご説明した上で、設定方法を順を追って解説しました。

今回の説明で参考例として使った「お名前.com」と「エックスサーバー」をご利用の方は画像付きで迷うことなく設定できたと思います。

この記事がドメインとサーバーの紐付け設定に悩まれている方のお役に立てれば幸いです。

覆面先生

今回は、以上になります。
最後までありがとうございました!
覆面先生 FukumenSensei)より

[note title=”ドメインのまとめ記事”]

[/note]